1. TOP
  2. 未分類
  3. 5代目古今亭志ん生の落語は芸術!噺の芸で聴衆を魅了して離さない!

5代目古今亭志ん生の落語は芸術!噺の芸で聴衆を魅了して離さない!

ハイ。今回の美意識の達人は
江戸風情の落語のアドリブが天下一品!

日本が世界に誇る落語家・噺家(はなしか)!
”5代目志ん生(しんしょう)”さんの登場です。

こんにちは!
日本美意識本舗:オーナー・筆者
絵師・イラストレーターのアオキシロウです。

音楽や写真や絵と違って話芸と表情で
目(視覚)と耳(聴覚)に
訴える噺(はなし)の芸の術:
落語の高座。

つまり舞台である座布団の上で
落語家による噺(はなし)の美意識を浴びる。
僕の大好きな”5代目志ん生(しんしょう)”さん
を紹介します。

5代目古今亭 志ん生(ここんてい しんしょう)生粋の東京の落語家/出典:wikipedia

5代目志ん生ココがスゴい!志ん生の魅力!

落語は、噺(はなし)家の
芸の術、つまり、ライブ演奏と同じ。
よく、たち得られるのは
まさに、ジャズの生ライブ演奏と同じ。
噺 (はなし)のアドリブに聴衆は魅了される。

江戸時代の長谷横丁での
おカミさんと、ダメ親父の掛け合いを
一人で演じる芸術家”5代目志ん生”

絶好調の”5代目志ん生”の高座を観た者は
噺家(はなしか)志ん生の芸の術・魔術によって
一瞬で、お江戸の長屋の横丁に長谷横丁の一室に
タイムスリップし連れ去られちゃうんです。

噺家の演奏という芸の術。
”5代目志ん生”のオリジナルな語りにより
アナタも僕も
お江戸の時空を堪能できる。

落語は日本が産んだ日本人の芸術である!そう思うのです。

ラジオ東京専属メンバー(1954年以前に撮影)
前列左から先代昔々亭桃太郎(せきせきてい ももたろう)
5代目古今亭志ん生、8代目桂文楽、後列左から
6代目三遊亭圓生、5代目柳家小さん/出典:wikipedia

・・・つづく
▶︎現在連載執筆中 お楽しみに!

この記事の巻末に著者:アオキシロウの詳細プロフィール
を紹介していますので、ご覧ください(*゚▽゚)

この記事を書いた著者プロフィール
このサイトの記事を執筆いている筆者:アオキシロウは、
絵・画・ビジュアルを描く表現者・絵師・イラストレーターです。
独自の世界観・美意識で創作表現をお届けしております。

自著の本サイトでは
人の感性と心に潤いと楽しさを与える先人・先達のアートと
社会をつなぐ橋渡しのお仕事をしています。
また、著述家・コラムニスト・ライター
の仕事も携わっております。

▶︎アオキシロウに絵画制作の依頼をされたい方・会社様へ。
お仕事の発注をされる出版社・編集プロダクション・
広告アドエージェンシー・アドプロダクションの
編集者・装幀家・アートディテクター・
クリエイティブディレクター・デザイナーの方々へ

下のボタンをクリックして詳細プロフィールをご覧ください。
アオキシロウの詳細プロフィールはこちら。

ライター紹介 ライター一覧

アオキシロウことSHIRO

SHIROことアオキシロウ
絵師、ビジュアルメーカーを生業とてお仕事をしております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 快慶の仏像彫刻は美しく、仏師”快慶”の存在は兄弟子”運慶”と共に輝き続ける!

  • 運慶の金剛力士・大日如来・弥勒・無著・世親の仏像彫刻の美は全世界を魅了する至宝!

  • 歌川広景(ヒロカゲ)の浮世絵は、笑える美意識とユーモアが満載!さすが歌川広重の弟子さん!

  • アオキシロウのプロフィール

関連記事

  • 谷内六郎:週刊新潮の表紙絵。どこか懐かしい温もりが心に残る画家の絵。

  • 歌川広景(ヒロカゲ)の浮世絵は、笑える美意識とユーモアが満載!さすが歌川広重の弟子さん!

  • 俵屋宗達:琳派の開祖・絵師・文化人・教養人・琳派の開祖! 日本初元祖デザインプロダクションのアートディレクター!

  • ”木喰” Mokujiki は93歳まで日本全国を伝道一途巡礼し仏像を刻み続けた僧侶!

  • 世阿弥 日本の猿楽師の開祖的存在。父の観阿弥と共に能の世界を大成させた!

  • 田中一村:奄美大島の自然を愛した日本の天才画家の美意識は南国の情感を届けてくれる。