1. TOP
  2. 未分類
  3. 川瀬 巴水:昭和の広重と呼ばれ、あのステーブ・ジョブスも愛した大正〜昭和の浮世絵木版絵師。

川瀬 巴水:昭和の広重と呼ばれ、あのステーブ・ジョブスも愛した大正〜昭和の浮世絵木版絵師。

今回は、僕自身が
シビれた版画絵師を
あなたに紹介したいんです。

昭和の広重と呼ばれる昭和の風景浮世絵師の
川瀬 巴水(かわせ はすい)の登場です!

江戸時代から明治・大正・昭和を経て
消えていくお江戸の風景・絶景の中にあって
脈々と日本人の心の底板に流れる美意識の景色を
切り取って、描いた昭和の浮世絵師であり
旅情詩人。

あのアップルの共同設立者:スティーブ・ジョブスは
川瀬 巴水(かわせ はすい)
隠れたファンだったんです。

それでは、さっそく
巴水(はすい)の旅情を歩いてみましょう。

「東京二十景」より 芝 増上寺 (大正14年)/出典:wikipedia 冬の美しい雪景色は川瀬巴水の真骨頂なんです。

川瀬巴水(かわせ はすい)
60秒でわかる早わかりプロフィール

川瀬巴水(かわせ はすい)1883―1957
大正-昭和時代の版画家。
東京・新橋に生まれる。
生年:明治16(1883)年5月18日
没年:昭和32(1957)年11月7日、74歳。
本名は川瀬 文治郎。

のちに日本画家鏑木清方(かぶらき きよかた)に師事。
巴水(はすい)という号は清方の命名によるものらしい。

伊東深水(いとうしんすい)の木版画に影響を受け
版画家に転向。日本各地を写生し
大正・昭和を通じて風景版画を制作した。

出典img5.blogs.yahoo.co.jp

川瀬巴水(かわせ はすい)大正:昭和の旅情詩人絵師

巴水は、雪、月、雨など伝統的な詩情的風景浮世絵版画で
現代の日本人の底板に流れる美意識を表現し
新たな世界を切り開き
その独自の世界観を展開したHasui Woridは
国内より海外で高い評価を受ける。

大正・昭和の「旅情詩人」などと呼ばれ
歌川広重と並び称される人気がある。

あのスティーブ・ジョブズは巴水(はすい)のファン!

池上本願寺の塔/出典:photo-make.jp/

独自の叙情性を持つ風景版画は早くから欧米でも評価され、
実は、僕が尊敬しているApple社:Macintoshの生みの親
スティーブ・ジョブズが、密かに川瀬巴水(かわせ はすい)
の美意識に共鳴し、ジョブズが来日する際に

巴水版画を購入していたことは知る人ぞ知る。

葛飾北斎や歌川広重の美意識とは違う巴水ワールド!
葛飾北斎や歌川広重の美意識と
一味も二味も違うHasui Woridの美意識の

波動を浴びてシビれてください。

現在、連載執筆中です。・・・お楽しみに!

この記事の巻末に著者:アオキシロウの詳細プロフィール
を紹介していますので、ご覧ください(*゚▽゚)

この記事を書いた著者プロフィール
このサイトの記事を執筆いている筆者:アオキシロウは、
絵・画・ビジュアルを描く表現者・絵師・イラストレーターです。
独自の世界観・美意識で創作表現をお届けしております。

自著の本サイトでは
人の感性と心に潤いと楽しさを与える先人・先達のアートと
社会をつなぐ橋渡しのお仕事をしています。
また、著述家・コラムニスト・ライター
の仕事も携わっております。

▶︎アオキシロウに絵画制作の依頼をされたい方・会社様へ。
お仕事の発注をされる出版社・編集プロダクション・
広告アドエージェンシー・アドプロダクションの
編集者・装幀家・アートディテクター・
クリエイティブディレクター・デザイナーの方々へ

下のボタンをクリックして詳細プロフィールをご覧ください。
アオキシロウの詳細プロフィールはこちら。

ライター紹介 ライター一覧

アオキシロウことSHIRO

SHIROことアオキシロウ
絵師、ビジュアルメーカーを生業とてお仕事をしております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 快慶の仏像彫刻は美しく、仏師”快慶”の存在は兄弟子”運慶”と共に輝き続ける!

  • 運慶の金剛力士・大日如来・弥勒・無著・世親の仏像彫刻の美は全世界を魅了する至宝!

  • 歌川広景(ヒロカゲ)の浮世絵は、笑える美意識とユーモアが満載!さすが歌川広重の弟子さん!

  • アオキシロウのプロフィール

関連記事

  • 快慶の仏像彫刻は美しく、仏師”快慶”の存在は兄弟子”運慶”と共に輝き続ける!

  • アオキシロウのプロフィール

  • 葛飾北斎 浮世絵師の天才は北斎漫画・春画・肉筆画などで全世界の注目を集め続ける!

  • 宮本武蔵 日本最強の剣豪・”五輪書”の著者であり兵法家・二天一流の開祖。水墨画も描く美意識の達人!

  • 喜多川歌麿は美人画浮世絵師。歌麿の代表作・傑作は『ビードロを吹く娘』

  • 神坂雪佳:画家・図案家、琳派の風を受けつつモダンな品の良さが気持ちいい!