1. TOP
  2. 未分類
  3. 喜多川歌麿は美人画浮世絵師。歌麿の代表作・傑作は『ビードロを吹く娘』

喜多川歌麿は美人画浮世絵師。歌麿の代表作・傑作は『ビードロを吹く娘』

北斎、広重、写楽、国芳と並び、
大浮世絵師の一人: 歌麿(うたまろ)
その超越した独特の美意識で描く
美人画・春画・浮世絵は
全世界を一世を風靡して止まない。

そして、彼の生涯は謎に包まれ
実はよくわかっていない。

その謎が、歌麿の魅力を
より一層際立たせているんです。

こんにちは!
日本美意識本舗:オーナー・筆者
絵師・イラストレーターのアオキシロウです。

それでは、歌麿さんの美意識に触れてきましょう。

喜多川歌麿「ポッピンを吹く女性」江戸の美人を描かせたら天下一品。繊細な美人の表情に歌磨の美意識は発露する/出典:wikipedia

喜多川歌麿:55秒早わかりプロフィール

喜多川歌麿(きたがわ うたまろ)
1753~1806(宝暦3年~文化3年)【浮世絵師】

何と言っても美人画の代表的な浮世絵師。 
世界のウタマロ。喜多川派の祖。

歌麿は、北斎、広重、写楽と並び世界的に
知られている浮世絵師。
その生涯については謎の多い人物で
実はよくわかっていない。

初め、狩野派の町絵師・鳥山石燕に学びましたが、
版元・蔦屋重三郎に見出されて後
当初は黄表紙や洒落本などの挿絵や
錦絵を手がけるようになり

ついで、役者の大首絵を美人画に採用し
評判の町娘や遊里の女性たちを魅力的に描き、
浮世絵美人画の第一人者として有名になり
豊かな女性の表情を捉えた画風により、
鳥居清長と並ぶ美人画の第一人者となる。

肉筆画・春画にもすぐれたが
「八景浮世絵」など名所風景画にも名作を残す。

晩年は風紀取締りの処分の刑を受け、
失意のうちに、その二年後にこの世を去りました。

「寛政三美人」 歌麿画/出典:wikipedia

  ▶︎現在連載執筆中・・・つづきます。

この記事の巻末に著者:アオキシロウの詳細プロフィール
を紹介していますので、ご覧ください(*゚▽゚)

この記事を書いた著者プロフィール
このサイトの記事を執筆いている筆者:アオキシロウは、
絵・画・ビジュアルを描く表現者・絵師・イラストレーターです。
独自の世界観・美意識で創作表現をお届けしております。

自著の本サイトでは
人の感性と心に潤いと楽しさを与える先人・先達のアートと
社会をつなぐ橋渡しのお仕事をしています。
また、著述家・コラムニスト・ライター
の仕事も携わっております。

▶︎アオキシロウに絵画制作の依頼をされたい方・会社様へ。
お仕事の発注をされる出版社・編集プロダクション・
広告アドエージェンシー・アドプロダクションの
編集者・装幀家・アートディテクター・
クリエイティブディレクター・デザイナーの方々へ

下のボタンをクリックして詳細プロフィールをご覧ください。
アオキシロウの詳細プロフィールはこちら。

ライター紹介 ライター一覧

アオキシロウことSHIRO

SHIROことアオキシロウ
絵師、ビジュアルメーカーを生業とてお仕事をしております。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 快慶の仏像彫刻は美しく、仏師”快慶”の存在は兄弟子”運慶”と共に輝き続ける!

  • 運慶の金剛力士・大日如来・弥勒・無著・世親の仏像彫刻の美は全世界を魅了する至宝!

  • 歌川広景(ヒロカゲ)の浮世絵は、笑える美意識とユーモアが満載!さすが歌川広重の弟子さん!

  • アオキシロウのプロフィール

関連記事

  • 快慶の仏像彫刻は美しく、仏師”快慶”の存在は兄弟子”運慶”と共に輝き続ける!

  • 東洲斎 写楽と言えば大首絵。正体不明の謎多き浮世絵師。

  • 谷内六郎:週刊新潮の表紙絵。どこか懐かしい温もりが心に残る画家の絵。

  • 運慶の金剛力士・大日如来・弥勒・無著・世親の仏像彫刻の美は全世界を魅了する至宝!

  • 尾形乾山:オガタケンザンが見参! 尾形光琳を兄に持つ江戸時代が生んだ世界屈指の陶工マエストロ!

  • 滝平 二郎 切り絵の作品集・画集・版画・絵本には日本人の故郷が切り抜かれている!